中古ドメインと古着|自動車学校案内人のツシマ

文字
小文字
大文字
BGM
再生
停止

SHIZUOKA JAPAN

facebook
twitter
youtube

zetu.jp
ホーム > ブログ > 中古ドメインと古着

中古ドメインと古着 Update 2017.11.27

古いものを愛してやまない私ですが、今回は中古というキーワード以外にあまり関連性のなさそうな 中古ドメインと古着について個人的な価値観のみで語ってみたいと思います。

字の通り「中古ドメイン」は「過去に誰かが使っていたドメイン」。
「古着」は「過去に誰かが着ていた衣服」。

実はプレミアム化される中古ドメインと古着には以外と共通点が多いんです。

古着の場合はプレミアムではなく「ヴィンテージ」と呼ばれることが一般的ですか・・・。

高価な価格で取引される「中古ドメイン」と「ヴィンテージ古着」に共通しているのが

・依然の持ち主が大切に取り扱っていた。
・取得(購入)した時代が古い。
・希少性が有る。
・欲しがっている人(需要)が多い。

上記の通りです。 以外と共通点が多くないですか?

まあ、ドメインと古着に限った話ではありませんが、 基本的には世の中「需要と供給」によって物の価値が決まっているといえます。

どんなに貴重な商品でも欲しがる人が存在しなければ価値はゼロと言っても過言ではありません。
欲しがる人が多いのに供給が少ないから価値が高まったり、プレミアム化されるのです。
皆さんもドメインや古着に関係なく、値段が高いものが必ずしも価値のあるものとは言えませんが、 物の本質的な部分に目を向けて、本当に価値のある中古ドメイン(古着も)を選別して購入することを お勧めします。

PR広告・・・