福祉車両とはどの様な車ですか?|ツシマ公式サイト

文字
小文字
大文字
BGM
再生
停止

SHIZUOKA JAPAN

facebook
twitter
youtube

車の購入方法
ホーム > 免許取得後の車購入について > 福祉車両とはどの様な車ですか?

福祉車両とはどの様な車ですか?

自家用車としても需要が増えています

福祉車両は、身体の不自由な方や高齢者にとって移動の自由を広げてくれる車です。デイサービスの送迎車の様に車イスごと乗れるリフト付き車両、介護タクシーで使われるスロープ付き車両など、様々な種類の車両があり、電動車いすや電動三輪車も福祉車両に分類されることがあります。

福祉車両には介護式と自操式があります

福祉車両は「介護式」と「自操式」に分類できます。【介護式車両】は、身体の不自由な方の介護や送迎に利用する車で、回転(スライド)シート車、昇降シート車、スロープやリフトを備えた車などがあります。

■回転(スライド)シート車
簡単な操作で助手席をドア側へ回転させることができ、さらに外へ向かってスライドさせる装置を備えています。これによって、車の乗り降りに不便を感じている人が気軽に乗降できるようになります。

■昇降シート車
助手席のシートがスイッチ操作で回転し、ドアから車外まで出てくる電動式もあります。回転(スライド)シート車よりも乗り降りしやすい低い位置まで下がるので、車イスからの乗降でも容易になります。 これらは(回転(スライド)シート車とともに)介護される人を助手席に乗せる為、運転手から目が届きやすいことも特徴です。後部座席用もあり、用途に応じて選べます。

■スロープやリフトを備えた車両
バックドアから車イスのまま車内に乗り込めるのが特徴です。スイッチ操作でスロープやリフトを動かせるタイプもあり、介護する方の負担を軽くしています。

【自操式車両】
身体が不自由な方が自分で運転する為の補助装置が付いています。補助装置は、手のみで運転が可能な「手動装置」、足だけで運転が可能な「足動装置」などに分かれます。左足だけでアクセルとブレーキの操作ができるタイプもあります。いずれも通常の車をベースにしており、車イスの固定器具や収納装置などが取り付けられています。

様々な税金の助成制度や優遇制度があります

福祉車両には、様々な助成制度や優遇制度が適用され、購入の便宜が図られています。また、運転補助装置が取り付けられていたり、車イスを乗せられるように改造が施されているなど、必要な条件を満たした車両の購入には「消費税」が非課税になります。

PR広告・・・