中古車の購入手続きとは?|ツシマ公式サイト

文字
小文字
大文字
BGM
再生
停止

SHIZUOKA JAPAN

facebook
twitter
youtube

車の購入方法
ホーム > 免許取得後の車購入について > 中古車の購入手続きとは?

中古車の購入手続きとは?

中古車購入後は車検証上の所有者を自分にする為に名義を変更する必要がでてきます。この手続きは正確には「移転登録」といいますが、一般的には「名義変更」と呼ばれています。名義変更を怠ると、税金や保険などのトラブルを誘発する可能性があるため手続きは早めに済ませておきましょう。

移転登録に必要な書類の主なものに譲渡証明書があります。この書類には、車のナンバーや車名、型式、車台番号などと共に、新・旧所有者の住所と氏名の記載、そして旧所有者の実印が必要です。移転登録は、所有者変更後、15日以内に済ませておく必要があります。申請先は新しい所有者の所在地を管轄する検査登録事務所か陸運支局です。管轄が同じ区域の場合は書類上の手続きのみで済み、ナンバープレートを変更する必要はありませんが、管轄が変わる場合は、車を持ち込んでナンバープレートを変更する必要があります。

以上の手続きは、車検が残っている中古車の場合です。なかには車検切れなどの理由でナンバーのないクルマもあるでしょう。その場合には新車と同様に新規登録をしなければならず、仮ナンバーなどでの持ち込みが必要になります。 軽自動車の名義変更は旧所有者と新所有者の認め印、車検証、ナンバープレート(車を持ち込まない場合)を持ち、管轄の軽自動車検査協会で行います。

登録車の移転登録に必要な書類(新所有者・新使用者が同一で車検がある場合)

旧所有者が用意するもの ・自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)
・印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
・譲渡証明書(新旧所有者を記入して旧所有者の実印を押印)
・委任状(代理人による申請を行う場合。実印を押印)
新所有者が用意するもの ・申請書(OCRシート第1号または第2号様式)
・手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
・印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
・委任状(代理人による申請を行う場合。実印を押印)
・自動車保管場所証明書(発行後1ヵ月以内のもの)
・自動車税
・自動車取得税申告書

PR広告・・・