中古車のプライスボードの見方について|ツシマ公式サイト

文字
小文字
大文字
BGM
再生
停止

SHIZUOKA JAPAN

facebook
twitter
youtube

車の購入方法
ホーム > 免許取得後の車購入について > 中古車のプライスボードの見方について

中古車のプライスボードの見方について

プライスボードのイメージ 価格や状態が千差万別の中古車を購入する時は、年式や走行距離などを表示したプライスボードが参考になります。通常、中古車にはフロントガラスなどにプライスボードが貼られ、ひと目でその車の価格が分かる様になっています。

プライスボードに記載される内容は、一般社団法人「自動車公正取引協議会」が定めた自動車公正競争規約によって、正しく表示することが義務付けられています。不当な表示には法律に基づく罰則規定も設けられています。正しい表示では、価格以外にもメーカー名/車名、さらに「主な仕様区分」としてグレード、排気量、ミッションタイプのほか、主要装備についてもメーカーが標準装備したものを「標準装備品」とし、「オプション装備品」とは別に表示するように定めています。クルマの寸法、重量、性能、原動機の種類などといったスペックについては、国土交通大臣の指定を受けたもの、つまりカタログの数値を使用するものともされています。

プライスボードは価格を確認する為だけではなく、装備などの違いをしっかりと把握するための情報源として活用することができます。また、情報を正しく表示している中古車店を選ぶことも非常に重要で、それを見分けることが中古車選びのコツと言えます。消費者の立場からすれば、プライスボードを正しく表示していない中古車店で車を購入することは避けるのが賢明です。

PR広告・・・