提携ローンと残価設定ローンの違いについて|ツシマ公式サイト

文字
小文字
大文字
BGM
再生
停止

SHIZUOKA JAPAN

facebook
twitter
youtube

車の購入方法
ホーム > 免許取得後の車購入について > 提携ローンと残価設定ローンの違いについて

提携ローンと残価設定ローンの違いについて

車を購入する時に料金の支払いにローンを利用することもあるでしょう。個人を対象としたローンには、大きく分けて、「提携ローン」と「自動車ローン」の2種類があります。さらに提携ローンの派生商品として登場した、「残価設定ローン」が最近では増えつつあります。

提携ローンとは、販売店が提携している信販会社と契約するローンです。自動車ローンは、個人が金融機関と契約するものです。両者の大きな違いには車の所有者が異なる点です。車検証にも記載されるローン支払い中の車の所有者が誰であるのか、ここに注目してください。提携ローンでは販売店が所有者になるのに対し、自動車ローンはユーザーが所有者になります。また、提携ローンには「抗弁権の接続」が設けられているのも特徴です。これは購入した車に欠陥などがあるにもかかわらず、販売店側が対応してくれないような場合に、ローンの支払いを中断できるという仕組みです。

提携ローンの一種として最近多くなってきたのが「残価設定ローン」です。これは車検が切れる3年後の残価を予測して、その分を車両本体価格から差し引いて、残りの部分だけを支払うシステムです。月々の支払いを安く抑えられるのが大きなメリットといえるでしょう。3年後には車を手放すか、残価を支払って再度ローンを組むことも可能です。数年おきに新車に乗り換える人や、1台の車には長く乗らない様な方にも向いています。

残価設定ローンと通常ローンの比較例

残価設定ローン 通常ローン
車両価格 2,498,000 円
頭金 498,000 円
クレジット対象額 2,000,000 円
お支払い回数 36 回
実質年率 3.90%
初回お支払い額 20,970円 × 1回 45,360円 × 1回
通常月お支払い額 17,700円 × 34回 42,200円 × 35回
ボーナス月加算額 100,000円 × 6回 100,000円 × 6回
当初3年間のローン支払額 1,222,770円 2,122,360円
最終回お支払い額 951,620円 -
クレジットお支払い総額 2,174,390円 2,122,360円

PR広告・・・