深視力とは?|ツシマ公式サイト

文字
小文字
大文字
BGM
再生
停止

SHIZUOKA JAPAN

facebook
twitter
youtube

深視力のイメージ画像
ホーム > 深視力とは?

深視力とは?

深視力アニメ 準中型自動車、中型自動車、大型自動車、けん引、二種免許の取得・更新時に検査をする深視力の説明をさせていただきます。
これは両眼視機能と呼ばれる人間のもつ眼の能力のうち、遠近感や立体感の検査を測るものです。
深視力検査は一般的に、「三桿(さんかん)試験」という方法で実施されます。

検査の流れについて

1. 箱の中にある棒の動きを見る。
3. 3本の棒のうち中央の棒が手前から奥へ、あるいは奥から手前に動くのを見る。
3. 3つの棒が並んだと思ったら、棒の動きを止める。
4. その3本の並び具合で、その人の遠近感を検査する。

※検査は真上からではなく、正面から見て検査をします。
※深視力検査器は自動車学校や試験場によって形式が違うことがあります。

深視力検査に受かるには?

1. 屈折異常(近視、遠視、乱視など)が適切に矯正されており、視力が良好であること。
2. 両眼視機能のうち「立体視」が良好であること。

視力が良くても注意が必要です

1. 遠近感が分かりにくい
2. 日常的に目が疲れやすい
3. 両眼で見ると焦点が合わない
4. 物によくぶつかることが多い

メガネで矯正することができます

プリズム眼鏡の使用や眼鏡度数の改善により深視力障害は改善することが可能です。