2019
07.22
70点の服装を目指そう

まずは70点以上を目指しましょう。

ファッション知識

本当に自分自身に似合っているファッションは誰かが完璧に教えてくれるものでは決してありません。友達や恋人、服屋の店員でさえも完璧に教える事は不可能であると言えます。そして、お洒落になりたいと思ったなら、まず書店などに向かいファッション系の雑誌を読んで学ぼうとする人が多いのではないでしょうか?

しかし、実際に雑誌を読んでみると、載っている服は皆が憧れる様な高価なブランド服ばかりではないでしょうか?(プチプラ特集も時々ありますが・・)しかもブランド服を着ている人はスタイル抜群のモデルさんが多数を締めているはずです。街角スナップとして掲載される一般人でさえも、選ばれるくらいだから相応のルックスの人達がほとんどなので、自分自身が着た時に本当に似合うのかがイメージしにくいと思います。

よって、ファッション雑誌を読んだ事で今まで以上にファッションに対して苦手意識を抱いてしまう人が多くいると思います。

ただ、考えてみてください。

皆さんはどんな服装を目指しているのでしょうか?ファッション雑誌に掲載されている様なオシャレ上級者?一目置かれる存在ですか?

このブログを読んでいる人の多くは

  • 「そこまでお洒落にならなくてもいい」
  • 「周りの人達に少しだけ好印象を持ってもらえればいい」
  • 「30代以上の男性が着ていても違和感のない清潔感あるファッションがいい」

上記の様な方々が圧倒的多数のはずです。ファッション雑誌に載る様なお洒落上級者を目指している人達は実際にはほとんどいないはずです。実際には身分相応の違和感のないお洒落をしたい人が大多数のはずです。そんな人達が突然ファッション雑誌を読んだ事によってあまりにもハードルが高く感じてしまうのも無理がありません。

お洒落すぎるのも実はマイナス印象?

「違和感のないお洒落」を実現するために必要な知識は、実際にはそこまで多くはありません。年間を通して何十万円も洋服にお金を掛けられる人は多くはいないはずです。そこまでの資金を投下しなくてもお洒落を楽しむ方法はたくさんあります。

さらに、オシャレすぎる事って逆にマイナスに働くことも多々あります。すごいオシャレな人って初対面だと話しかけにくくないですか?普通の人は無意識のうちに気を使ってしまうこともあると思います。

そして女性目線においてもオシャレすぎる男性の好感度は意外と高くなかったりします。ナルシストに見えたりするそうですね。(アパレル業界や外見が重要視される様な業界の方はオシャレ過ぎても問題ないと思いますが・・・)

シンプルで清潔感のある服装がやっぱりオススメ

上記は多くの女性が男性に対して思っている理想像です。雑誌に載っている様なハイセンスな服装は、実生活ではあまり必要ではありません。よって、100点満点ではなくて70点満点程度を目指していきましょう!そのために必要となってくる知識は、このブログを読んでいただくことで十分に身につけていただく事が可能となります。さらに基本となるファッション知識は時代が変わっていっても大きく変化することはありません。(明治維新における和服から洋服への転換期並みの変化があったら別ですが・・・)

ただ、この「70点程度の服装」ができている人は意外と少ないものです。オシャレな人はとことんオシャレではありますが、そうでない人においては50点にも満たない場合がほとんどであるのです。まず最初は時代に左右されない70点程度のファッションセンスを磨いていきましょう!

次回に続く・・・         

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。