2019
07.25
定番アイテムと流行アイテムの役割について

流行モノは安くて大丈夫です。定番モノはいいもの買いましょう。

ファッション知識

30代以上の大人のファッションを考えていく際に意識すべき事は「定番アイテム」と「流行アイテム」という2つのものさしです。主にショップに陳列されている服は一般的に流行アイテムと定番アイテムに大きく分かれています。どちらを取り入れるのが正解というわけではありませんが、両方を上手に取り入れながらコーディネートをしていくのがファッションを楽しむ上では重要であると考えます。

定番のアイテムとは昔から変わらずに存在するアイテムなので目新しさや新鮮さには物足りない部分もありますが、自分が見ても他人が見ても違和感なく感じられるのは大人のファッションとして非常に重要な事でもあります。定番アイテムを例えるのならば無地のボタンダウンシャツやリーバイス501を代表とするジーンズ、無地のTシャツなどが代表アイテムとして挙げられます。

自分自身が「違和感を感じずに着られる」というのは非常に大切な事です。周りがしないような服装をするのがオシャレではありません。普通の定番アイテムをしっかりと丁寧に着用する事がとても大切なのです。ただ、一般的に定番アイテムというものは案外軽く考えられがちです。ブランド側、ショップ側からしても外見が普通なので、宣伝しにくい事から目立ちにくいエリアに置かれがちです。このような定番アイテムよりも流行アイテムの方が見た目が華やかなので、ついついそちらに手を伸ばしてしまうものです。

しかし、これは間違いです。流行アイテムばかりを揃えてしまうと、コーディネートで迷いやすくなりますし、流行は今だけなので来年以降は時代遅れにもなりうるということを頭に入れておくべきなのです。ファッションにあまり慣れていない方は最初のうちは定番アイテムを中心に揃えていくのが失敗しないコツであると言えるでしょう。

さらに、定番アイテムにおいて大切な事は、定期的に入れ替えていく事も大事だということです。それは定番アイテムと言えども時代の流れの中で少しずつ変化をしていくものだからです。既に持っているからこれからもずっと着用し続ける事も大事な事ですが、数年ごとに持っている定番アイテムを一旦見直して買い替えも検討してみる事も大切な事です。

私自身も定番アイテムでも4、5年ごとに買い換えるようにしています。購入してから数年も経てば素材の風合いもくたびれてきますし、デザインも少しずつ古臭くも見えてくるものです。ジーンズなどの様に経年変化を楽しむアイテムでもない限り無理にボロボロになるまで着続ける必要はないと言えるでしょう。

流行アイテムで全身コーディネートは避けましょう。

では、流行アイテムは全く持っておく必要はないのかと言えば、そうではありません。ほどよく取り入れていく事も大切です。

定番アイテムは違和感なく自然体でいられるので便利ではあるのですが、その反面新鮮さに欠け、ファッションを今ひとつ楽しめない場合もあったりします。

その欠点を補う役割があるのが流行アイテムなのです。

しかし、全身を流行アイテムのみでコーディネートするのは難易度が非常に高いですし、そもそも前項でもオススメした70点程度のファッションをする上では必要がない事です。

基本は定番アイテムで揃え、アクセントとして1、2点だけ流行アイテムを取り入れてみましょう。

これが程よいコーディネートのバランスと言えるのではないでしょうか。また、流行アイテムといっても、取り入れやすいアイテムと取り入れにくいアイテムがあります。なるべく身の回りに着ている人が多くて自分自身にも似合いそうなアイテムを中心に挑戦してみましょう。あくまでも背伸びは禁物です。流行アイテムの中でも色合いがシンプルなものの方が失敗するリスクは低く抑えられるでしょう。そしてもう一つ、定番アイテムではなく、流行アイテムほどユニクロやGUといったファストファッションを上手に活用してみてください。流行は過ぎていくものです。購入する上では定番アイテムよりもリスクが高いと言えるでしょう。最近のユニクロはトレンドも上手に取り入れていますので、コスト面においてもデザインにおいても有能です。まずは定番アイテムで土台をしっかりと固めた上でユニクロなどで購入した流行アイテムに挑戦してみてください。

定番アイテムと流行アイテムは相反するものではなく、それぞれの特徴を上手に活かしながらミックスする事で魅力的なファッションが出来上がる事でしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。