2019
07.29
洗練されたオシャレなクローゼット

クローゼット(タンス)の中の収納は最低限の服のみに!

自身のファッションを変えていくために大切な事は新しい服を買い揃えることではありません。

みなさんのお部屋のクローゼット(タンス)の中には今までに買った洋服がたくさん掛かっていませんか?

既にある多くの洋服の中に新しく購入した服を数枚追加したところで普段と代わり映えしないファッションになってしまうのは必然と言えます。

クローゼット(タンス)内のほとんど着ていない洋服は処分しましょう

スタイル(ファッション)を変えていくためにはクローゼット内の収納方法を見直していく必要があります。コーディネートを変えていく上で必要のない服を徹底的に減らしていく事が大切です。

たくさん服を持っている人たちの多くは、服が好きなのではなく、買った服をなかなか捨てられないからです。

では、たくさんある服を普段から頻繁に着まわしているかというと、まずほとんどの方が着まわせていないでしょう。

実際は数多くある服の中から気に入った服だけをよく着用し、それ以外の大多数の服はほとんど着ることもなくクローゼットの肥やしになってしまっている方も多いのではないでしょうか?

理想のクローゼット(収納術)

理想のクローゼット内の収納方法は普段から着用している本当に気に入っている少数の服だけが掛かっている状態です。

デザインの被っている服が一つもなく、適当に選んで着るだけでコーディネートが完成する。

そんなクローゼットを作ることが金銭面においてもコーディネートを上達させるうえでも重要なことです。

クローゼット内の服を手放す基準を明確にしましょう

服を手放すオススメの基準は2つあります。

1つ目は5年以上前の服は手放すというルールです。

5年も経てばジーンズなどの経年変化を楽しむ服ではない限りくたびれてきますし、流行も変化しているはずです。

基本的にあまりにも長く着続けるのはオススメしません。

これは高価だった

思い出のある服だ

という気持ちもあるかもしれませんが、その気持ちを我慢できるようであれば潔く手放すのも手段と言えるでしょう。

2つ目は、その服を着ていてもあまり気持ちが高ぶらない服も同様に手放してみることです。

誰にだってお気に入りの服もあれば、そうでもない服もあります。無意味にたくさんの服を持つことは無意味です。

本当に気に入っていて必要なものだけを残すようにしてみて下さい。

この2つの基準で、今まで無駄に多かった服を減らしていくようにしましょう。ただ捨てるのではなく売れるものはリサイクルショップや古着屋、メルカリ、ヤフオクなどを活用してみるのもオススメです。

1週間で必要なコーディネート(服の数)を決めてみる

私服を着る機会が1週間のうちに3回であれば、その3日間分の服の量が最低限あれば十分と言えます。

  • シャツが3枚
  • ボトムス2本
  • ジャケット2枚
  • ニット3枚
  • アウター1枚
  • 靴が2足
  • バッグ1個

正直、このくらい揃っていれば3日間分の私服の量としては十分です。とにかく無駄を省いていきましょう。

最初は勿体ない気がして、捨てることを躊躇ってしまうこともあるかもしれませんが、一度服を手放してしまえば、その後はスムーズにいくことでしょう。

服を手放した後は、自分自身にとって必要最低限の服の数を常に意識しながら服を買うようにするとクローゼットの中がスッキリしてまとまって見えるはずです。

最後に

1着買ったら1着捨てる

これがコツです。

クローゼット内で普段着ることがない洋服はなるべく収納しないように心掛け、それが習慣化することで、コーディネートをシンプルに考える事ができる様になります。

洗練され、管理のいき届いた服だけが入ったクローゼットを目指しましょう。シンプルなクローゼットがファッションを改善させる近道と言えます。