2019
07.31
ファストファッションとハイブランドのミックス

低価格の服と高価格の服を上手に取り入れよう

ファッション知識

最近のファストファッションは昔と違い、コストパフォーマンスにも優れた高品質で素敵な服が非常に増えてきました。ユニクロやしまむら、GAP、ZARA、H&Mなどのブランドはもちろんのこと、ショッピングモールなどにもオシャレな服が溢れています。これらのファストファッションを上手に工夫して組み合わせれば、ファッションを十分に楽しむ事ができるでしょう。

私自身もファストファッションは昔から好んで買っています。特に日本のファストファッションの頂点に立つユニクロはリーズナブルな上に品質もコスパも素晴らしいです。さらに、シンプルでベーシックなデザインの服を多く取り揃えているため、日々のコーディネートでも大いに活用できるブランドと言えるでしょう。ただ、全身ファストファッションブランドのみでコーディネートする事は平凡すぎるため、私はオススメはしていません。部分的にユニクロの服を取り入れる事はあっても、全てをユニクロをはじめとしたファストファッションブランドで統一しないように心掛けています。それは、意外に思われるかもしれませんが、全身をファストファッションでコーディネートする事は実はとても難しいのです。実はシンプルな服ほど、生地の雰囲気やシルエットの差、縫製の差が非常に目立つのです。20代までの若い頃であれば安い服のみでも着こなすことができますが、30代以降の方が全身安い服のみでコーディネートする難易度は非常に高まります。

30代以上の大人だからといって、たくさんの服を持つ必要性はありません。必要最低限でも、値段の高い低いに限らず気持ちが高ぶる服を着ることが非常に大切です。よって、プライベートで着用するシャツが3枚必要であるとするならば、価格の安さのみを最優先にして3枚用意するよりも、長年着られる上質な定番アイテムを購入する方が大切なのです。

内側にくるアイテムは安く揃える

オシャレ上級者は非常に上手くファストファッションブランドを取り入れています。ただし、全身をこれらのブランドで統一している事はほとんどありません。では、どうしているかというと、アウターやジャケットなどの外側にくる目立つアイテムは上質なものを購入して、Tシャツなどの内側にくるアイテムにはファストファッションを取り入れています。要するに部分的にファストファッションを上手に取り入れる事でバランスを調整しているのです。

安い服も高い服と一緒に着ていると同調効果で高く見える

こういった効果を上手く活用しているのです。全身を安い服ばかりでコーディネートするのではなく、上質な一点物も上手に見えやすいポイントに取り入れていきましょう。

そして、安い服のみでコーディネートしない理由にはもう一点あります。これは心理面での影響です。

1枚3,000円で購入したシャツと15,000円で購入したシャツだったらどちらを大切に長年着用したくなりますか?どちらを着ている時に自身に満ち溢れますか?どちらがワクワクするでしょうか?

90%以上の方が、15,000円のシャツを思い入れを持って着用するはずです。心理面の影響は非常に大切です。無理をしすぎて高い服を購入する必要はありませんが、30代以上の大人だったら数着で結構ですので、上質な服も用意できるのが理想です。若い時のフレッシュな雰囲気がない分、上質な服で足りない部分をカバーしながら1点ずつアイテムを揃えていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。