2019
08.14
ネイビーのファッションコーディネート

ベースカラーは「ネイビー」がおすすめ

ファッション知識

次回からは具体的なアイテムに関する説明に入っていきますが、最後に「色彩」についての基本的な知識をお伝えしておきたいと思います。ショップで洋服を選ぶ際に、同じ型の服でも何種類かのカラーバリエーションがある事がほとんどです。ファッション初心者の方は、数ある色の中からどのカラーを選べばいいのか分からないという人も多いかと思います。お洒落になるには様々なカラーバリエーションを着こなせた方が良いと思っている方もいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。

30代以上の大人の男性が優先して選ぶべき色は基本的にはある程度決まっています。

70点以上のファッションを目指すためには、限られた色の服のみを集め、シンプルにコーディネートする事が大切です。

タイトルでもお分かりの通り、優先して選ぶべき色は「ネイビー」です。色選びに困った時はとりあえずネイビーを選んでおきましょう。

どうしてネイビーをオススメするのかというと、様々な色に合わせやすく体型も引き締まって見えやすいからです。ビジネススーツもネイビーがもっともオーソドックスと言われるように、時代の変化に流されずにスタンダードであり続けるネイビーを是非とも活用していきましょう。中でもジャケットやアウターなどファッションの外側にくるアイテムにネイビーを選ぶと全体的な着こなしが引き締まって見えます。では「黒ではいけないの?」と思われるかもしれませんが、実は黒は合わせるのが難しい色なのです。元々はフォーマル度の高い色ですので、ファッションの分量が増えすぎるとキザっぽく(ナルシストっぽく)見えてしまいます。黒に比べてネイビーは柔らかい印象ですので、着用面積が多くなったとしても黒程キザに見られることは少ないでしょう。最初はネイビーの服を中心に揃えて、そのネイビーにマッチする色を揃えるとコーディネートも一段と引き締まって見えます。多くの色をファッションに取り入れようとするとコーディネートは一層難しくなりますので、使う色の数はあえて少なくする事が重要です。

ネイビーと相性の良い色は何色なのか?

答えは「どんな色でも良く合います。」

よって合わない色を探す方が難しい程です。数ある色の中でも、特に相性が良い色が「白」です。ネイビーと白の組み合わせは、定番的でとても爽やかな印象を与えます。白のシャツやジーンズなどで取り入れる事をオススメしたいですね。また、ネイビーと同系色でもあるブルー系統との相性も良いです。パステルカラーの淡いブルーのシャツやブルージーンズと合わせるのも素敵ですよ。そして、ベージュやカーキのような、アースカラーとも相性がいいです。ネイビーのもつ爽やかなイメージがアースカラーのもつカジュアルさに程よく清潔感を与えてくれます。

以上のようにネイビーのアイテムをまずは揃えて、続いてネイビーと相性の良いカラーを揃えていく事でコーディネートしやすい下地を整える事ができます。オシャレへの第一歩はネイビーをベースとしたコーディネートから磨いていくのが近道と言えるでしょう。一方で、淡い色を使ったコーディネートは実は難易度が高いのです。アイボリーやベージュ、白などを中心としたコーディネートは案外難しいものです。これらは膨張色と言われるカラーであり、着こなし全体がぼやけてしまいますので、難易度が高いのです。最初はコーディネートのどこかにネイビーを取り入れ全体を引き締める事を意識してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。