2019
08.20
センスを磨くコツ

センスを磨く為に必要な日常の心がけについて

ファッション知識

みなさん、センスという言葉を聞くと、自身には縁のないものだと感じる方も多いのではないでしょうか?生まれ持った才能のように、大人になってからでは磨いていく事は難しいと感じるかもしれません。もちろんセンスは一朝一夕で簡単に身につくものではありませんが、日々の中のちょっとした心がけで、少しづつ磨いていく事ができます。センスを磨いていくための日々の心がけについて、具体例として2つ紹介させていただきます。

まず一つ目は「鏡」です。皆さんは大きな鏡を持っていますか?女性であればほとんどの方が持っていると思いますが、男性で持っている人はあまりいないでしょう。鏡の前に立つ事があまり好きじゃない人もいると思われますが、それでも、鏡の前に立ち、どのようにしてコーディネートをするのかを一つずつ確認する事もとても大切です。

お洒落な人とそうでない人では鏡の前に立つ時間が圧倒的に異なります。

鏡の前に少しでも長い時間立ち、自分自身の姿をたくさん見ながら、センスを磨いていく意識をもつようにしましょう。身の回りにいるお洒落な人も最初からオシャレであったわけではありません。鏡の前で様々な洋服の着用を繰り返しながらコーディネートの練習を積み重ねてきたのです。可能であれば、ショップで鏡を見ながら試着をするのが理想的ですが、最初はハードルが高く感じるかもしれません。自宅であれば周りの目を気にせずにコーディネートの練習ができるはずです。ただし、自宅の洗面所にあるような鏡では全身を見る事ができません。足元から頭の先まで見えるような鏡が一番理想的と言えますので、できれば購入をオススメします。そして、新しい服を購入したら、鏡の前に立ってコーディネートのチェックをする時間を必ず作るようにしてください。コーディネートの参考になるのはファッション雑誌だけではありません。むしろ日常の中にこそヒントがたくさん隠れているのです。中でも人間観察はセンスを磨くために非常に役に立ちます。例えば電車の中で周囲を見渡してみてください。周りには様々な服装の男性がいるはずです。その一人一人の男性がコーディネートをする上でのヒントとなり、どこにいてもファッションを学ぶ事ができるのです。

他人のファッションに関心をもち興味を抱く事は、センスを磨いていく上でもっとも有効な手段と言えます。多くの男性の中から、どのような人が素敵と思えるのか考えながら観察してみてください。たくさん探しているうちにかっこいいと思える人の共通点が理解できるようになります。まずはいい事例をたくさん見ていくようにしましょう。ショップの店員さんのファッションも非常に参考となるはずです。反対に苦手だと思えるファッションを見つける事も大切です。なぜ苦手だと思うのか、共通点を見つける事でコーディネートの失敗するリスクを減らしていく事ができるようになるのです。周囲にいる人たちを観察しながら「どうしてあの人は他人と違ってオシャレに見えるのだろう。」と、その理由をしっかりと考えてみるのです。他人のファッションに関心を持つ事、それは自分自身のファッションセンスを磨くうえで非常に役に立つはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。