2019
10.10
30代と40代のニットカーディガン

ニットの着こなしとコツについて

ファッション知識

揃えるべきアイテム

  • 薄い生地のニット
  • 厚手のカーディガン、もしくはニットジャケット

購入の際に見るべきポイント

  • 薄い生地のニットは襟元のデザインに注目
  • 厚手のニット(カーディガン、ニットジャケット)は緩すぎないサイズ

ニット(セーター)は春や秋といった季節の変わり目に重宝するアイテムであり、よく着る人と着ない人にはっきりと分かれるアイテムでもあります。ただ言えることはお洒落な人ほど上手にニット素材のアイテムを取り入れています。

ニットはカジュアルになりがちな休日着に簡単に大人っぽさを加えることができて便利なアイテムです。バリエーションはそこまで必要ないので、定番モノを揃えておくようにしてみてはいかがでしょうか。

そして、ニットには様々な種類のアイテムがありますが、大きく2つに分けると、生地が薄くて目の細かい「薄い生地のニット」、もう一つが厚い生地で目の粗い「厚手のニット」です。

①薄い生地のニット(他アイテムとの重ね着で奥行きを演出)

まず薄い生地のニットについてご紹介させていただきます。薄い生地のニットは重ね着の際に非常に重宝するアイテムです。シャツの上などに着用し、その上にさらにジャケットなどを羽織るなどして中間アイテムとして活用することができます。重ね着を上手に取り入れることでお洒落度がグンと上がることでしょう。

薄い生地のニットにも色々な種類がありますが、中でも代表的なのは、Vネック型と丸首型、そしてカーディガン型の3タイプです。この中のどれが正解というわけではなく、その時代の流行によってデザインも移り変わっていきます。これらのニットはシャツの上に重ねて着ることで、コーディネートに奥行きが出て素敵に見えます。特に白シャツにニットを重ねて着るスタイルは、流行に左右されない、定番の着こなしとして是非ともオススメしたいです。

そして、注意点としてニットを選ぶ際は、なるべくシンプルなものを選ぶようにしましょう。こだわったデザインは一切不要で、無地の単色をオススメします。薄手のニットに関しては、1、2枚あれば十分といえます。数は必要ないので、なるべく品質の良い物を揃えるようにしましょう。

②厚手のニット(大人っぽさを演出できる優秀アイテム)

厚手のニットは冬場を中心に活躍するニットアイテムです。シャツやTシャツの上に羽織るだけでも大人っぽさを演出することができます。きれい目のジャケットよりも比較的気軽に取り入れやすいのもポイントです。

そして、厚手のニットを選ぶ際は、なるべく襟(えり)のついたデザインがオススメです。色はネイビーやグレーを選んでおけば他アイテムとの組み合わせが容易になるでしょう。

ニットはそこまで流行に左右されにくいアイテムでもあるので、購入する際は比較的高額でも質の高い物を選ぶことで長年着続けられる愛着のニットと出会えるはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。