2020
05.15
ビジネスシューズ革靴

30代〜40代の男性が選ぶべきビジネスシューズ(革靴)の基本!

ファッション知識

揃えるべきアイテムは?

  • ストレートチップの革靴(ブラック、ダークブラウン)
  • セミブローグ(ブラック、ダークブラウン)

注意すべきポイント

  • 自分の足のサイズに合っているか。
  • 革の質感に不自然な光沢はないか。

スーツにおけるコーディネートにおいて革靴の存在は目につきにくく、ついつい後回しにされてしまいがちなアイテムです。マナーよりも履き心地を優先してしまい、スニーカーのような作りの革靴を選んでしまったり、大型量販店などに置いてある安いものを1足だけ購入して毎日履きつぶしてしまったり、革靴選びを適当に済ませていませんか?最近はわりと常識として知れ渡ってきておりますが、靴という存在は一見目立ちにくい部分にもしっかりと気を配れるかどうかで、ビジネスの場において相手に与える印象は大きく異なります。

実際は、ビジネスシーンにおける靴の選択肢は非常に狭いです。使える色にも制限があり、デザインにおいてもある程度の型が存在します。もっともビジネスシューズに変な「遊び」は必要ありません。

定番のデザインは「ストレートチップ」です。甲の部分に横に真っ直ぐ線が入っている革靴です。ビジネスシューズといえば名前は知らなくても誰もが見たことある定番中の定番シューズであり、ビジネスシーンだけでなく、冠婚葬祭まで用いることができる万能シューズです。

ストレートチップについて(安すぎる革靴には不自然な光沢があるので購入の際はご注意を)

まず最初にご紹介させていただきたいのは、今説明させていただいた通り「ストレートチップ」の革靴です。ただし、購入の際は、量販店などで安く売っている革靴は表面に不自然な光沢があることが多いため、コーディネート全体の調和を崩してしまいます。ストレートチップはシンプルな靴だからこそ、素材自体のもつ風合いにはなるべくこだわりたいものです。最低でも1万円以上の靴を選ぶようにしましょう。2万以上だとより安心して履き続けられます。

セミブローグについて(程よくカジュアル感のある革靴)

ストレートチップの次にオススメしたいのが「セミブローグ」の革靴です。甲の縫い目の部分に飾り穴が施されたデザインの革靴です。ストレートチップに比べると、カジュアルなデザインです。ビジネスシーンで使用できないほどのカジュアル感ではないため、2足目以降の靴としてオススメします。ストレートチップだけでは遊び心が物足りないため、少し飾りのある靴を取り入れると華やかさを表現することができます。

さらに、ビジネスシーンにおいて使える色は限られています。「ブラック」か「ダークブラウン」の2色です。ブラックに関しては定番カラーですが、あえてダークブラウンを選ぶことで程よくカジュアル感が漂います。しかし、明るめのブラウンだとコーディネートの中で目立ちすぎてしまい全体の調和を崩す可能性があります。暗めのダークブラウンであればコーディネートの調和を崩すことはないので安心でしょう。

最初はブラックのストレートチップとダークブラウンのセミブローグなど、お好みで3足ほど揃えておくことをオススメします。自己啓発本的な本の中で革靴にはもっとお金を使うべきだという意見も見られますが、10万円する高級革靴を一足買うなら3万円の革靴を3足買ったほうが経済的で靴自体も長持ちするでしょう。

見た目だけでなく機能性も重視しましょう。

ビジネスシーンにおける革靴はビジネスマンの足元を1日中支え続ける「道具」としての一面も兼ね揃えております。足のサイズに合っていない革靴は最終的に自分自身の体調を崩す可能性があります。決して見た目だけを重視せず、わからない時は靴専門店のようなショップの店員さんなどに聞いて対処するようにしていきましょう!

コメントは利用できません