2020
05.25
外国人のTシャツ着こなし

Tシャツのコーデ(着こなし)術|メンズファッション

暑い季節になってくると、待ちゆく男性のTシャツ姿が目立つようになってきます。

Tシャツというアイテムはカジュアルアイテムの超王道とも言える存在であり、誰もが持っていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、Tシャツをカッコよくスマートに着こなしている男性は案外と少ないものです。

そもそも30代以上の男性にTシャツは似合わないのか?

結論から申し上げますと、まったくそんな事はございません。

一見、Tシャツは伸縮性が高いので、身体のラインが出やすいと思われるかもしれませんが、これは年齢ではなくその人の体つきが影響していると言えます。若くても肥満体型だったら似合いませんし、高齢の方でも日頃から体を鍛えていたらカッコよく見えるでしょう。

特にTシャツ姿においては胸板の筋肉や腕、肩、背中の筋肉の大きさがカッコよさを大きく左右するとも言われています。

ガタイが良い外国人のTシャツ姿がカッコよく見えるのはそのためです。

ロゴTシャツや柄の入ったTシャツにはご注意を

Tシャツは様々な年代の方が挑戦できるカジュアル着ではありますが、Tシャツの大部分に大きなプリントが印刷されたものや総柄のTシャツはオシャレ上級者でもない限り購入は控えた方が無難と言えます。

学生であれば派手なTシャツを着ていても若さで乗り越えられるデザインだとしても、そのTシャツを30歳以上の男性が着てしまうと、カジュアルに見えすぎてしまいますし、大人っぽさが全く感じられない頼りない印象を周りから抱かれてしまいます。

失敗したくないなら無地Tシャツを選びましょう

30代以上の男性は無地Tシャツを選んでおくのが無難と言えるでしょう。

もしくは胸元に小さい刺繍が入っているデザインのものでも良いかもしれません。

余程のこだわりがない限りはシンプルなデザインのTシャツを選ぶべきなのです。

色もネイビーやホワイト、グレー、ブラックなど落ち着いた色が大人の男性にはよく似合います。

サイズ感にも注意して

Tシャツは大きすぎても、小さすぎてもダメです。大人の男性は自分の体型を理解した上でジャストサイズを選ぶようにしましょう。

自分の好きなスタイルがある方(ストリート系やビジュアル系など)は好きなサイズを選べば良いと思いますが、あまりファッションに無頓着でこだわりがないのであれば、ジャストサイズを選んでおくことが無難な選択と言えます。

丈の長さも長すぎず、短すぎないものを選ぶようにしましょう。

もちろんボトムスに関しても細すぎず、太すぎないジャストサイズを選ぶべきです。

標準サイズというものは流行にあまり左右されないので、長く着続けることができるのも大きなメリットの1つです。

結論

30代以上の男性は無地Tシャツをジャストサイズでジャストサイズのボトムスと組み合わせるのが一番カッコよいと個人的には思います。(異論は認めます。)