2020
06.08
オーダースーツ

メンズのオーダースーツとオーダーワイシャツをおすすめする理由

どんなファッションでも言えることですが、特にスーツスタイルにおいては非常に重要な要素とも言えるのがシルエットです。

品質ばかりにこだわっても身体にフィットしていなかったり、あからさまに時代遅れを感じさせるシルエットでは素敵に見えることはありません。

しかし、既製品だけで身体にフィットするスーツを探すのは簡単なことではありません。身体のサイズは人それぞれであり、身長が同じ男性でも足の長さや手の長さは全く異なるものです。普段から運動をしている人は太ももの筋肉が発達しているため、既製品では上半身とのバランスが取りにくいなどといった問題が発生します。

その他、身長が高すぎる男性や、痩せすぎの男性、太り過ぎの男性など、様々な理由によって既製品と相性の悪い男性は存在するものです。

これらの問題を解決できるのがメンズオーダースーツ

オーダースーツと言われると高級で手が届かないイメージを抱かれるかもしれませんが、近年では3万円程度からオーダースーツを仕立ててくれるショップも現れてきています。

セレクトショップで買うと既製品でも5万円以上もするスーツが当たり前のようにある一方でオーダースーツを3万円程度から仕立ててくれるショップが存在するのですから利用してみる価値は十分あると言えるでしょう。

パターンオーバーというシステムを活用しているショップがおすすめ

パターンオーバーとは自分自身の体型に近いゲージ服(オーダースーツを作る時に着るサンプル)を着て、ピンなどを留めながら微調整して体型にあったスーツを仕上げていくシステムです。全て1からデザインやディティールを決めて作り上げていくフルオーダースーツよりも時間的にも早く、価格的にもローコストで手に入れることができるのでオススメです。

近年はオーダースーツを承っているショップも増えてきましたが、まずは初心者の方に気軽に挑戦してほしいので、最初は19,800円からのオーダースーツを展開している「SADA」がおすすめです。創業90年を超える老舗ですので安心してオーダーすることができます。

オーダースーツは生地の質によって価格が変わってきます。最初のうちはあまり背伸びをせずに無理のない範囲で仕立ててもらいましょう。オーダースーツは選ぶべき項目がたくさんありますが、基本はネイビーかグレーのスーツでボタンは2つボタンか段返りの3つボタン、そして背中はサイドベンツを選んでおけば間違いないでしょう。

せっかくオーダースーツを頼むのですから、ディテールには少々こだわりたいものです。特におすすめなのがボタンにこだわることです。本水牛などのボタンを選ぶことで全体的に高級感も漂いますし、コーディネートのアクセントにもなるのでオススメです。案外ボタンは目立つアイテムなので妥協はしない方が良いですよ。

オーダーワイシャツもおすすめ

そして、オーダースーツ店ではスーツだけでなく、ワイシャツもオーダーを承っている店舗が多いのでオススメです。

既製品では首回りやウエスト周りなど、上手にバランスを取りにくい人も多いかと思われます。オーダーワイシャツならば、そうした問題にも解決できますし、セレクトショップに置いてあるワイシャツと同価格帯でオーダーできるショップも多数ございますので挑戦してみてはいかがでしょうか。

またシャツのオーダーで気をつけていただきたいのが、色合いはホワイトやライトブルーといったオーソドックスな色合いを選び、できれば襟元はセミワイドの襟型を選択してください。

そして、ボタン選びも黒などの主張の強いカラーではなく、生地と調和する色合いを選ぶようにしましょう。

オーダースーツやオーダーワイシャツを注文する際はあらかじめ店員さんに

オーソドックスに仕立てたい

と意思を伝えておくことでバランスの取れた日常で使いやすいオーダースーツを仕立ててもらえるはずです。