2020
07.01
30代以上のジャケパンスタイル

30代なら絶対にジャケパンをマスターするべき理由

ファッション知識

「ジャケパン」とは「テーラードジャケット+パンツ」の略であり、スーツスタイルとは異なりジャケットとパンツに同色・同素材のものを合わせるのではなく、異なるアイテムを組み合わせるのがジャケパンです。

一番チャレンジがしやすいオーソドックスなジャケパンスタイルといえば、ネイビーのジャケットにグレーのスラックスという組み合わせがあります。このような組み合わせはビジネスシーンにおいて活用されやすい着こなしです。反対にビジネスとは異なるプライベートなシーンにおいて人気のスタイルといえば、ネイビーのジャケットにブルージーンズという組み合わせです。

ジャケパンスタイルは上下で別のアイテムを組み合わせることによって幅広い組み合わせを実現することができます。ここ数年ビジネスシーンにおいてファッションのカジュアル化が進んでいます。特に夏場はクールビズの普及によりネクタイを締めているビジネスマンの数は大幅に減りました。IT業界などでは週に数回はカジュアルなファッションでの出社を推奨している企業も増えてきています。今までは、ファッションに興味のない人でもビジネスシーンでは、とりあえずスーツを着用していれば問題なかったのですが、ここ数年は逆にスーツスタイルを着崩したジャケパンスタイルをあえて求められるシーンも増えつつあるので知っておいて損は絶対にありません。ジャケパンスタイルをはじめとした綺麗めスタイルはビジネスシーンだけでなく、女性とのデートシーンやおしゃれなレストランやカフェでの食事シーンなどでもオススメのスタイルですので重宝するのでオススメです。

ジャケパンスタイルはスーツスタイルの様にちゃんとした着こなしのルールが存在しないので、しっかりと着こなしを理解している人は非常に少ないです。しかし安心して下さい。当サイトでは決して100点満点のジャケパンスタイルを覚えてもらいたいわけではありません。気取らない程度の70点ジャケパンスタイルを覚えておけば全く問題ありません。次回のブログより詳しく説明していきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。