2020
07.22
ネイビー無地ジャケット

ネイビージャケットがメンズコーデ最強アイテムな理由!

アウター, ファッション知識

揃えるべきアイテム

  • 無地のネイビージャケット

見るべきポイント

  • ネイビーの色合い(濃すぎないか)
  • 着心地(肩パットなどが入っていないか)

「ジャケパンスタイル」の主役はなんと言ってもジャケットです。ボトムスをどんなにカジュアルなアイテムで選んだとしてもジャケットを羽織るだけで、大人っぽく見えるのだから、30代以上の男性にとってはマストアイテムと言っても過言ではないでしょう。

そして、ジャケットのように型がしっかりと決まっているものを上着として羽織ることでスタイルもよく見えるのでよりオススメです。

超優秀アイテム!それは「無地のネイビージャケット」

流行に左右されない「無地のネイビージャケット」は1着は持っておきたいアイテムです。定番アイテムではありますが、組み合わせ次第で幅広くコーディネートを楽しめるので飽きずに楽しめる優秀なファッションアイテムです。

ジャケットといえば黒いジャケットを選びがちですが、印象が少々重く見えてしまうので、その点ネイビーは程よく柔らかさ、良い意味で軽さがあるので、万能に着回せるジャケットなのです。無理をして様々なカラーを何着も揃えるよりは、まず1着で良いのでネイビーの無地ジャケットを揃えることをオススメします。

比較的「綺麗め」で且つ「気軽に着れる」ものをチョイス

1つに無地のネイビージャケットと言っても、実際には様々な種類があります。

スーツみたいなしっかりとしたものから、ニット素材やカーディガンのようなラフなジャケットまで様々です。最初に購入するならビジネスシーンでも活用しやすい比較的しっかりとしたデザインのジャケットを選ぶようにしましょう。

その際、素材感はウールのホップサック生地やジャージー素材が特にオススメです。ホップサックというと聞きなれない方が多いかと思われますが、麻袋のようなざっくりとした織り生地のことを一般的に言います。

そして、ジャージー素材はしなやかな生地で肌触りも良く、着心地も良いのが特徴です。

ネイビーの色合いですが、黒に近いネイビーはビジネス以外では少々使いにくいので、少し明るめのネイビーを選ぶようにしましょう。

また、ジャケットのディテールについてですが、肩パットや芯地が入ってないラフなものを選ぶことをオススメします。見た目は綺麗めに見えても着心地はラフなアイテムを選ぶとカジュアルシーンでも活用しやすいですよ。

ボタンの数についてですが、スーツスタイルと同様に2つボタン、もしくは段返りの3つボタンを選ぶと良いでしょう。

セレクトショップも活用しましょう

少しでも予算に余裕があるのであればセレクトショップのオリジナル商品などを検討に入れてみても良いかもしれません。

定番といえど、無地のネイビージャケットにも緩やかな流行が存在します。既にネイビージャケットを持っている方でも、購入したのが5年以上前ならば新しく新調しても良いかもしれません。

ネイビージャケットに限らず、ジャケットはジャケパンスタイルのメインアイテムなので、少し高価で上質なものを揃えるのもありだと思います。