2020
07.24
ジャケパンスタイルとニットタイ

ジャケパンスタイルのコーデ術!ビジネス&カジュアル対応


揃えておきたいアイテム

  1. ボタンダウンシャツ(ストライプ柄がオススメ)
  2. ニットタイ(ネイビーかブラウンがオススメ)

見るべきポイント

  1. シャツの着丈(表に裾を出しても着られるか)
  2. ストライプの幅

前回のブログにて無地のネイビージャケットを揃えておけば十分だとお伝えしましたが、理由はシャツとボトムスの組み合わせ次第でコーディネートの種類をたくさん増やすことが可能になるからです。

ジャケパンスタイルのコーディネートをする際に無理してまで新しくシャツを購入する必要はありません。既にカジュアル用のシャツやビジネス用のシャツをお持ちであれば、十分活用できるからです。

カジュアルシャツをインナーに取り入れてみよう

過去記事でもご紹介させていただきましたが、カジュアルシャツでオススメしているのは、

  1. 白のボタンダウンシャツ
  2. デニムシャツ
  3. ギンガムチェックシャツ

上記の3アイテムでした。この3種類のシャツをジャケットのインナーとして合わせれば、簡単にカジュアルだけど綺麗めなコーディネートが出来上がります。

この3アイテムは無地のネイビージャケットとも相性抜群なので、最低でも1着は持っておきたいアイテムです。

中でもデニムシャツはネイビーのジャケットと絶妙なグラデーションを演出できるのでオススメです。ギンガムチェックは単体で着ていると少々幼く見えてしまいがちですが、ジャケットのインナーとして着用することでチェック柄の見える面積が減り、程よいアクセントとして役に立ちます。

ジャケットを羽織る際のシャツの裾についてですが、中に入れた方が大人っぽさを演出できますし、カジュアルな雰囲気にしたい時はあえて出してみるのもありです。

ただし、注意点として裾が長すぎるとジャケットの裾から出てしまいバランスがおかしくなるので気をつけてください。

ニットタイを活用してビジネスシャツをカジュアルダウンしてみよう

ジャケパンスタイルにおいてビジネス用のネクタイをそのまま活用してしまうと雰囲気が固くなりすぎてしまうのでカジュアル感を上手に取り入れるためにニットタイ活用してみましょう。

ニットタイは日本では着用している人が比較的少ないので、他人と被りたくない時には非常にオススメできる小物と言えます。

ボタンダウンシャツを揃えておきましょう

ネクタイを締めたくない時にノーネクタイでジャケパンスタイルを楽しむ際にはボタンダウンシャツが活用できます。ボタンダウンシャツはネクタイをしていなくても襟が固定されるので、ノーネクタイ時には非常にオススメのシャツと言えます。

ボタンダウンシャツで一番オススメのブランドはボタンダウンシャツの生みの親でもある「ブルックスブラザーズ」です。生地も丈夫で上質ですので1枚持っておいて損はないブランドシャツです。