2020
08.02
ジーンズを大人っぽくコーディネート|メンズ着こなし術

ジャケパンスタイルでのボトムス(パンツ)コーデ術とは?


揃えるべきアイテム

  1. ウール素材のスラックス(色はグレーがおすすめ)
  2. コットン素材のスラックス(色はベージュがおすすめ)
  3. ジーンズ(ジーパン)

注意すべき点

  1. 体にフィットしているか
  2. スラックスの色合い(季節で色を変えて見る)

シャツと同様にボトムス(パンツ)もジャケパンスタイルのコーディネート次第でカジュアルの度合いを調整するようにしましょう。

ウール素材のグレーのスラックス

ビジネスの場において活躍機会が多いボトムスといえばグレーのウールスラックスが筆頭に上がってくるでしょう。無地のネイビージャケットにグレーのウールスラックスというコーディネートはジャケパンスタイルにおいて定番中の定番の着こなしです。

グレーのスラックスと一概に言っても、色の濃淡によって色々な選択肢があります。可能であれば季節ごとで色合いを変えてみるのがオススメですが、あえて基本の1本を持っておきたいという場合は、「ミディアムグレー」と呼ばれる、薄すぎず、濃すぎない中間色のグレーを選ぶようにしましょう。

季節を通して色合いを変えたい場合は、春夏は「ライトグレー」、秋冬にかけては「チャコールグレー」を選ぶと季節感が出て素敵ですよ。

そして素材についてですが、春から夏にかけての暖かい季節であれば薄手でさらっとした触り心地が特徴のトロピカルウールと呼ばれる素材がオススメです。

秋冬であればサキソニーと呼ばれる少し光沢感があって柔らかな素材のものを選ぶと良いでしょう。

グレーのスラックスを既に所有している方でも、最近のスラックスは膝から裾にかけて、タイトに作られており、数年前のデザインのものと比べるとだいぶスマートになっているので、この機会に購入してみても良いかもしれませんね。

コットン素材のベージュのスラックス

次に揃えておきたいアイテムはコットン素材のスラックスです。素材はコットンですが、作りはスラックスのようにビジネスシーンで活用しても違和感のない綺麗めなボトムスです。

センタープレスが効いた細身なシルエットな為、ビジネスカジュアルな場で活用することができて大変便利なアイテムです。

全体的に細身に仕上がっているので本来のチノパンよりもスタイル良く見えます。

オススメの色は明るめのベージュです。過去に紹介した無地のネイビージャケットとも相性抜群なので揃えておきたいですね。

ベージュは膨張色ですが、シルエットが細めのスラックスを選べば野暮ったさも出ないのでビジネスの場でも重宝できます。

大人の男が取り入れたいジーンズの活用方法

色落ち具合は関係なく、ジーンズ(デニム)もジャケパンスタイルのボトムスとして活用することができます。

単体で見るとブルージーンズなどの色落ちしたデニムはカジュアルな印象ではありますが、ネイビーの無地ジャケットとコーディネートすることで大人っぽさを演出することも可能なのです。

色落ちしていないジーンズ(リジッド)はより大人っぽく綺麗目に着こなすことができるので、ちょっとしたレストランでも十分着ていくこともできます。

ここで注意していただきたいのが、極端に色落ちしたジーンズや激しいダメージ加工がされているジーンズはジャケットと印象がかけ離れすぎているので控えた方ば無難だということです。

あくまでもジャケットの雰囲気を邪魔しない程度のジーンズを選ぶようにしましょう。

ホワイトジーンズも活用する価値あり

ネイビーとホワイトという組み合わせはジャケパンスタイルにおいて非常に爽やかに見えるコーディネートであり、30代以上の男性には是非とも取り入れていただきたい配色です。

ジャケットのインナーとしてオススメのシャツはデニム生地やギンガムチェックです。

ネイビージャケットにこれらのシャツ、そしてホワイトジーンズを合わせたコーディネートは一度はお試しいただきたい組みわせです。

最後に

ウール素材やコットン素材のスラックスは様々なセレクトショップなどで陳列されていますが、予算に余裕がある方ならばイタリアの老舗ボトムス専門ブランドであるインコテックスのスラックスをオススメします。

世界的に知名度のある老舗ならではの洗練されたシルエット、履き心地を体感する事ができるので一本は持っていて損は絶対にありません。