2020
08.07
レザーのバッグ、ベルト、靴を茶色で統一すべき理由!

レザーのバッグ、ベルト、靴を茶色で統一すべき理由!


揃えるべきアイテム

  1. ブラウンの革ベルト
  2. ブラウンの革靴
  3. ブラウンのレザートートバッグ

注意すべき点

  1. 色の明るさ(深めのブラウンを選ぶ)
  2. ブラウンの統一感

ジャケパンスタイルをマスターする上で外せないレザー素材の小物の選び方についてご説明させていただきます。

ジャケパンスタイルだからといってスーツを着ている時と同じ黒の革靴や革ベルトをそのまま身に着けてしまうと小物の雰囲気だけが妙に硬すぎてしまい、コーディネートが調和しにくくなります。

また、先端が尖っている革靴や明るすぎるブラウンの革靴、ロゴマークが大きすぎるベルトなどはアイテム単体が浮いてしまうのであまりオススメしません。

ジャケパンスタイルで身につける小物類は全体のイメージを崩さないくらいの程よくカジュアルなアイテムを取り入れるようにしましょう。

ブラウンの革靴とベルトで統一感を演出

濃いブラウンの表革の靴やスエード靴をジャケパンスタイルで履くと程よくカジュアル感が加わってオシャレに見えます。特にストレートチップやセミブローグの靴はジャケパンスタイルと相性が非常に良いのでオススメです。

そしてタイトルにもある通り、革ベルトとセットで濃いブラウンの革靴で揃えることで全体の調和が取れます。例えば表革の革靴には表革のベルトで合わせて色目も濃いブラウンに統一するといった具合です。

素材感まで揃えるのが難しい場合であっても、色を濃いブラウンで統一するだけでも素敵に見えます。

そして、ベルトはカジュアル度合いによって変更するようにします。

ビジネスシーンでも活用ができるよな綺麗目のジャケパンスタイルであれば、カーフ素材のベルトがオススメです。

逆にカジュアルなブルージーンズやホワイトジーンズにはメッシュ素材のベルトを活用してみましょう。

コーディネート全体の雰囲気に合わせて小物の色合いや素材感を変えると全体のバランスが取りやすくなるのでオススメです。

ブラウンのレザートートバッグ

持ち歩くバッグも全体のコーディネートに合わせてカジュアルからビジネスまで使い分けるようにしましょう。ネクタイを締める時であれば、ビジネスバッグでもいいのですが、カジュアル度が高いジャケパンスタイルの時はコーディネートと調和しにくくなるので別のバッグを検討した方が無難です。

そんな時にオススメするのがレザー素材のトートバッグです。

トートバッグは持ち手の部分が長く、肩から掛けて持ち歩けるので程よくカジュアルな雰囲気を出せる万能アイテムです。

デザインに関しましては無駄な装飾がないシンプルなデザインを選ぶようにしましょう。色はブラックでも良いのですが、おすすめは深めのブラウンやネイビーです。

可能であればバッグも革靴やベルトと同色を選ぶのが理想的ですが、そこまで全て合わせていると予算的にも難しくなるようであれば、バッグに関しては別の色合いでも特に問題ないでしょう。

上級者はスエードのローファーを活用している

オシャレ上級者の中ではスエードのローファーを重宝している方が非常に多いです。ローファーと聞くと学生っぽく思われる方も中にはいるかもしれませんが、スエード素材のローファーを選んでおけば大人っぽさも演出できます。

スエードのローファーは意外にもジーンズとの相性も良いので、ジーンズの裾を少しだけロールアップして小慣れた感じで履いてみるのもオススメです。